プライバシーポリシー | 可動式手洗器じゃぶじゃぶの販売設置や各種●MOTU 1248:イケベ楽器ショップ - 31966

〒179-0083 東京都練馬区平和台4-18-18

tel:03-5399-1113

お問い合わせ CONTACT US

2019-10-17
カテゴリトップ>ギター/ベース関連小物&デジタル機器>DTM>DTMハードウェア>MOTU
●MOTU 1248
MOTU AVB SERIES / 1248 Thunderbolt / USB2.0 AudioInterface
MOTU AVBシリーズは優れた音質と最先端の技術を兼ね備えた、MOTUの新しいフラッグシップです。30年以上に渡るMOTUの経験により設計されたアナログ回路と、デジタル回路には世界最高レベルの低ジッター性能を誇る高性能DAC、ESS テクノロジー社SABRE32 Ultra .の最新モデルを採用しています。その結果、TRSアナログ出力において最高123dbのダイナミックレンジ(A-weighted,20Hz - 20kHz)を実現しています。さらに、新設計マイクプリアンプも搭載。透明感のある自然なサウンドが特長です。
AVBとは、米国電気電子学会(IEEE)が定める、音声と映像をネットワーク転送するための新しい規格です。データ転送にEthernetケーブルを使用し、最長100m、最大512ch(48kHz)の同時転送が可能です。MOTU AVBシリーズは、この最新の規格に対応し、複数のAVBオーディオインターフェイスをつなげ、大規模なオーディオネットワークシステムを組むことが可能です。
AVBシリーズは、ハードウェア内のレイテンシーを最小限に押さえることにより、48kHz時で32サンプル(0.66ms)という驚異的に低いレイテンシーを誇ります。
MOTU AVBシリーズは、ハードウェアと連動するWebアプリケーションでコントロールします。これは、内蔵DSPエフェクトやミキサー、デバイスの各種設定、ルーティングなどを、有線または無線(Wi-Fi)によって接続されたローカル・エリア・ネットワーク内のラップトップ、タブレットあるいはスマートフォン上で、お好きなウェブブラウザを使用してコントロールできることを意味しています。同じネットワークを共有している限り、任意のプラットフォーム(Mac、Windows、Linux、iOS、Android)で、任意のウェブブラウザを使用することができます。
■1248仕様
・合計32イン / 34アウト
・最大24bit / 192kHzレコーディング
・4xマイク入力、2xHi-z入力、8x12TRSアナログ入出力、2xADAT入出力、1xS/PDIF入出力を搭載
「mk3」シリーズのオーディオインターフェイスの約2倍のDSPパワーを搭載したMOTU AVBシリーズは、最大48インプットチャンネルのミキサーのコントロールが可能です。このミキサーは、AVBオーディオインターフェイスに搭載された物理的な入力や、ホストアプリケーションからの出力、ネットワーク上にある他のMOTU AVBインターフェースの信号など、すべての入力を柔軟にルーティングすることが出来ます。また各インプットチャンネルには、ハイパスフィルター、ゲート、4バンドEQ、そしてコンプレッサーが搭載されています。
AVBオーディオインターフェイスに搭載されたミキサーは、モニターミックスやサブミックスのために、ステレオAuxミックスを7系統まで作成することが出来ます。独立したグループは、ドラムのステムミックスや、バックグラウンドボーカルなど、複数のソースを1本のチャンネルにまとめ、4バンドEQやLA-2AオプティカルコンプレッサーをモデリングしたMasterWorks Levelerなどで一度に調整することが可能です。また、4番目のグループはリバーブプロセッサー専用のグループになっています。Wi-Fiネットワーク内でiPhoneやiPadを使用すれば、複数のエンジニアだけでなく、ミュージシャン自身も手元でモニターミックスをコントロールすることができます。
■AVB(IEEE 802.1AVB)
IEEE802.1 Audio Video Bridging(AVB)を採用したMOTUの全く新しいオーディオI/Oシステムは、次世代のオーディオネットワーキングシステムとして、プロオーディオのシステム&ワークフローを劇的に進化させます。AVBオーディオネットワーキングは、シチュエーション毎に求められる条件が異なる場合でもフレキシブルに対応することができます。
AVBオーディオネットワーキングは一般的なEthernet接続と非常に良く似ていますが、AVBスイッチをEthernet ルーターの代わりに使用して、ケーブルにハイグレードタイプ(シールドされたCAT5eもしくはCAT6)を選ぶ必要があります。低価格なEthernetケーブルやスイッチングハブは簡単に購入出来ますが、AVBは低レイテンシーで多チャンネルオーディオ転送を行うことからTCP/IPを遥かに超えるデータ転送を行っており、ハイグレードなケーブルと適したスイッチングハブを使用することが必要です。
AVBは100を超えるオーディオチャンネルの伝送を行う事を目的として策定されました。そしてMOTU AVBはネットワーク全体で512チャンネルものオーディオを同時に扱うことができます。そしてMOTUの各AVB ユニットは、入力と出力をそれぞれ8チャンネルオーディオを16グループ(128チャンネル)扱うことができます。
スタンダードAVBネットワークのレイテンシー(遅延)は2ms (固定値)ですが、MOTU AVBネットワークは7つスイッチングハブを100mのケーブルで接続した場合でもネットワーク間のレイテンシーは僅か0.625ms(固定値)となり、48KHzの場合僅か30サンプルしかありません。そして極小レイテンシーを誇るAD/DAを搭載したMOTU AVB I/Oを使ってアナログ入力からアナログ出力する場合のレイテンシーは僅か1.29 msです。これは単なるAD/DAの数値では無くネットワークでの伝送に関するレイテンシーも含まれており、100m先にオーディオを送る場合のレイテンシーとしては圧倒的な数字と言えますが、更に96KHzでのオーディオ伝送であれば1ms以下という驚異的な低レイテンシー環境が実現します。
■動作環境
・1 GHz以上の Intelプロセッサ
・2 GB以上のメモリ(4 GB以上を推奨)
・Mac OS X 10.8 以降
・Thunderbolt もしくは USB 2.0ポート
・大容量ハードディスクドライブ(レコーディング用として500 GB以上)
・1 GHz Pentium プロセッサ以上
・2 GB以上のメモリ(4 GB以上を推奨)
・Windows 8 以降
・Thunderbolt もしくは USB 2.0ポート
・大容量ハードディスクドライブ(レコーディング用として500 GB以上)
※Windowsは後日の対応予定となります。

トップ ⇒ 現在地


MOTU
≪Mark Of The Unicorn≫
1248
オーディオインターフェイス

【オーディオインターフェイス】
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
210,000円 (税込226,800 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
通常3〜4営業日以内に発送予定
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く