プライバシーポリシー | 可動式手洗器じゃぶじゃぶの販売設置や各種【有線マイクセット】 Denon(デノン) / Commander Sport -ワイヤレスマイク付き ポータブルPAシステム - 【 防滴IPX4 Bluetooth対応 充電池内蔵 】:ミュージックハウス フレンズ - a10b5

〒179-0083 東京都練馬区平和台4-18-18

tel:03-5399-1113

お問い合わせ CONTACT US

2019-11-05
カテゴリトップ>その他
【有線マイクセット】 Denon(デノン) / Commander Sport -ワイヤレスマイク付き ポータブルPAシステム - 【 防滴IPX4 Bluetooth対応 充電池内蔵 】

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetの事ならフレンズにご相談ください。

ミュージックハウス フレンズだけの大特典付き!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetセット商品一覧

Denon(デノン) / Commander Sport_micset
のプチコメント!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetの特長!
お買い得なマイクプラス1本セット!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetのココが凄い!
■Commander Sportは
ワイヤレスマイク付き防滴オールインワン・ポータブルPA!
IPX4認定の防滴設計によって、屋内外のプール、アウトドア・イベントで安心してお使いいただけます!
UHFワイヤレスマイクを同梱し、Bluetoothデバイス、USBメモリー、SDカードからのオーディオ再生に対応します。
XLR/TRSのコンボ入力端子にマイク/ライン入力することがもできます。
テンポ・コントロール機能はエクササイズ時の音源のスピード調整に便利です。

持ち運びに便利なハンドル、ホイールを搭載し、プロフェッショナルなサウンドをどこでも提供できるオールインワン2WAYスピーカーです。

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetのメーカー説明

■仕様
ツイーター: 3" (80mm)
ウーファー: 8" (203mm)
出力 : 120W (continuous)
周波数特性: 20〜20 kHz
保護等級 : IXP4
XLR/1/4" TRSコンボ・ジャック × 1
1/4" (6.35mm) 出力 × 1
1/8" (3.5mm) 入力 × 1
USB端子 × 2
IEC AC 電源 入力 × 1
電源: 単3形アルカリ電池 × 2
UHF 送信周波数:UHF 806.4 〜 809.4 MHz
有効チャンネル数: 13
Bluetoothバージョン: 4.0
Bluetoothプロファイル: A2DP、 AVRCP
Bluetoothレンジ: 最大20m
Bluetooth最大送信電源: +4 dBm
Bluetooth周波数: 2.4〜2.48 GHz
電源接続: IEC
入力電圧: 100〜240 VAC、 50/60 Hz
電源フェーズ: T2AL 250V
消費電力: 80W
バッテリー容量: 12V 7Ah
バッテリー連続稼働時間: 最大40時間
バッテリー充電時間: 8時間

■PGM-58Sは
高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルながらも、拘りの明瞭なサウンドと特性をもつ単一指向性(カーディオイド)ダイナミック型マイク。

【主な特長】
・ボーカル用途から会議、スピーチなど幅広く様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンド
・徹底したノイズ、ハウリングの対策
・ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属

【マイク選び方のポイント】
マイクで1番気になるのはやはりその「音質」ではないでしょうか。マイクそれぞれに特徴があり、音質もそれぞれ異なります。使う用途や声質により、それぞれあなたに合ったマイクは異なってくるかと思います。
そこで注目するのがスペックの各項目です。それでは詳しく説明していきましょう。

■インピーダンス:
「交流抵抗」「抵抗値」等とも呼ばれますが、機器同士の抵抗のことです。
「抵抗」が大きいほど電流が流れにくくなり、音にノイズが乗りやすくなります。
数値の上では、PGM-58はSM58と比べて4倍もノイズを拾いやすい、ということになります。

■感度:
マイクから拾うことができる音の感度を表します。
0から遠いほど感度が悪い、という事になります。
PGM-58はSM58の近似値を示していますが、より高い感度を誇っています。

■周波数特性:
マイクがどこまでの音(高低)を拾って認識できるかを表します。この幅が広い程、多くの音を漏らさず拾うことができるということになります。
PGM-58の周波数特性は「50Hz〜15kHz」となり、SM58と同じ帯域をカバーしています。

■指向性:
音を拾う範囲・向きを表します。
これはマイク選びにおいて指向性は非常に重要です。
ライブパフォーマンスで使うマイクと、レコーディングで使うマイクが異なるように、この指向性によってそのマイクの特性は全く異なってしまいます。
「指向性」とは、どの角度の音をはっきりと捉える事ができるか、どの向きの感度が良いかを表し、マイクの持ち方から、音を拾う範囲まで全く異なります。
単一指向性、全指向性(無指向性)、双指向性、超指向性などが御座います。
PGM-58やSM58は単一指向性のため、前方への単一な指向性を持ち、ボーカルの音をしっかり捉えます。

■個性・特性・くせ:
初めに「音質」について触れさせて頂きましたが、スペックなどの数値に表す事が出来ない、それぞれのマイクの特徴を知る必要があります。
そのクセが特徴として評価される場合もありますが、低い音を拾いにくいとか、雑音を拾いやすいとかいう物もあります。
これは実際に多くのマイクを使ってみないとわからないかもしれません。
■強度:
マイクにも強度が必要です。
激しいライブパフォーマンスにも耐えられる頑丈な作りと、ノイズを発生させない作りが必要です。
もちろん水に濡れたら壊れてしまうので、湿気・湿度に強いかどうかも重要なポイントです。
ライブパフォーマンスとしてマイクを投げたり、叩きつける姿も見ますが、多少乱暴に扱われても簡単に壊れない頑丈さが求められています。

■デザイン:
見た目のカッコ良さも一つの基準となるでしょう。好きなカラーである事で選択肢にもなり得るかと思います。
また、握って使用する事が多いため、誰でも握りやすいサイズ・太さであるかは、実は非常に重要だったりします。

■総評:
音質を構成する要素はこれらのスペックからある程度判断する事が出来ます。
用途に合った物を使用する事は非常に重要ですが、音質が良いか悪いか、自分の好みの音に近いかどうかで選んでいくことができるでしょう。

【他社製品との比較】
以上を参考に、代表的なマイクとの比較をしてみましょう。
■SHURE(シュアー) SM58
マイクを探しているあなたなら1度は聞いたことがあるでしょう。こちらはSM58という業界の“基準”となるマイクです。
スタジオやライブハウスなどにも置いてあるマイクです。
もっともポピュラーだが、その分際立った個性が無く篭った音になるといった声も。

■RODE NT1-A
集音効率は良いが、良すぎて扱いづらい一面も。
レコーディング向き。

■SENNHEISER (ゼンハイザー) MK4
指向性が広めなので、その場の空気管や臨場感も伝わりやすい。

■Blue(ブルー) Baby Bottle
パワフルで、歌がもう一歩前に出る感じ。やはり音質も◎
【仕様】
■形式:ダイナミック
■指向特性パターン:カーディオイド(単一指向性)
■再生周波数帯域:50Hz 〜 15KHz
■出力インピーダンス:600Ω±30%(@ 1Khz)
■感度:-52dB±3dB(1V/Pa)
■質量:298g
■付属品:マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル
(3.0m)、ハードケース

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。


Denon(デノン) / Commander Sport_micsetの事ならフレンズにご相談ください。

ミュージックハウス フレンズだけの大特典付き!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetセット商品一覧

Denon(デノン) / Commander Sport_micset
のプチコメント!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetの特長!
お買い得なマイクプラス1本セット!

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetのココが凄い!
■Commander Sportは
ワイヤレスマイク付き防滴オールインワン・ポータブルPA!
IPX4認定の防滴設計によって、屋内外のプール、アウトドア・イベントで安心してお使いいただけます!
UHFワイヤレスマイクを同梱し、Bluetoothデバイス、USBメモリー、SDカードからのオーディオ再生に対応します。
XLR/TRSのコンボ入力端子にマイク/ライン入力することがもできます。
テンポ・コントロール機能はエクササイズ時の音源のスピード調整に便利です。

持ち運びに便利なハンドル、ホイールを搭載し、プロフェッショナルなサウンドをどこでも提供できるオールインワン2WAYスピーカーです。

Denon(デノン) / Commander Sport_micsetのメーカー説明

■仕様
ツイーター: 3" (80mm)
ウーファー: 8" (203mm)
出力 : 120W (continuous)
周波数特性: 20〜20 kHz
保護等級 : IXP4
XLR/1/4" TRSコンボ・ジャック × 1
1/4" (6.35mm) 出力 × 1
1/8" (3.5mm) 入力 × 1
USB端子 × 2
IEC AC 電源 入力 × 1
電源: 単3形アルカリ電池 × 2
UHF 送信周波数:UHF 806.4 〜 809.4 MHz
有効チャンネル数: 13
Bluetoothバージョン: 4.0
Bluetoothプロファイル: A2DP、 AVRCP
Bluetoothレンジ: 最大20m
Bluetooth最大送信電源: +4 dBm
Bluetooth周波数: 2.4〜2.48 GHz
電源接続: IEC
入力電圧: 100〜240 VAC、 50/60 Hz
電源フェーズ: T2AL 250V
消費電力: 80W
バッテリー容量: 12V 7Ah
バッテリー連続稼働時間: 最大40時間
バッテリー充電時間: 8時間

■PGM-58Sは
高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルながらも、拘りの明瞭なサウンドと特性をもつ単一指向性(カーディオイド)ダイナミック型マイク。

【主な特長】
・ボーカル用途から会議、スピーチなど幅広く様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンド
・徹底したノイズ、ハウリングの対策
・ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属

【マイク選び方のポイント】
マイクで1番気になるのはやはりその「音質」ではないでしょうか。マイクそれぞれに特徴があり、音質もそれぞれ異なります。使う用途や声質により、それぞれあなたに合ったマイクは異なってくるかと思います。
そこで注目するのがスペックの各項目です。それでは詳しく説明していきましょう。

■インピーダンス:
「交流抵抗」「抵抗値」等とも呼ばれますが、機器同士の抵抗のことです。
「抵抗」が大きいほど電流が流れにくくなり、音にノイズが乗りやすくなります。
数値の上では、PGM-58はSM58と比べて4倍もノイズを拾いやすい、ということになります。

■感度:
マイクから拾うことができる音の感度を表します。
0から遠いほど感度が悪い、という事になります。
PGM-58はSM58の近似値を示していますが、より高い感度を誇っています。

■周波数特性:
マイクがどこまでの音(高低)を拾って認識できるかを表します。この幅が広い程、多くの音を漏らさず拾うことができるということになります。
PGM-58の周波数特性は「50Hz〜15kHz」となり、SM58と同じ帯域をカバーしています。

■指向性:
音を拾う範囲・向きを表します。
これはマイク選びにおいて指向性は非常に重要です。
ライブパフォーマンスで使うマイクと、レコーディングで使うマイクが異なるように、この指向性によってそのマイクの特性は全く異なってしまいます。
「指向性」とは、どの角度の音をはっきりと捉える事ができるか、どの向きの感度が良いかを表し、マイクの持ち方から、音を拾う範囲まで全く異なります。
単一指向性、全指向性(無指向性)、双指向性、超指向性などが御座います。
PGM-58やSM58は単一指向性のため、前方への単一な指向性を持ち、ボーカルの音をしっかり捉えます。

■個性・特性・くせ:
初めに「音質」について触れさせて頂きましたが、スペックなどの数値に表す事が出来ない、それぞれのマイクの特徴を知る必要があります。
そのクセが特徴として評価される場合もありますが、低い音を拾いにくいとか、雑音を拾いやすいとかいう物もあります。
これは実際に多くのマイクを使ってみないとわからないかもしれません。
■強度:
マイクにも強度が必要です。
激しいライブパフォーマンスにも耐えられる頑丈な作りと、ノイズを発生させない作りが必要です。
もちろん水に濡れたら壊れてしまうので、湿気・湿度に強いかどうかも重要なポイントです。
ライブパフォーマンスとしてマイクを投げたり、叩きつける姿も見ますが、多少乱暴に扱われても簡単に壊れない頑丈さが求められています。

■デザイン:
見た目のカッコ良さも一つの基準となるでしょう。好きなカラーである事で選択肢にもなり得るかと思います。
また、握って使用する事が多いため、誰でも握りやすいサイズ・太さであるかは、実は非常に重要だったりします。

■総評:
音質を構成する要素はこれらのスペックからある程度判断する事が出来ます。
用途に合った物を使用する事は非常に重要ですが、音質が良いか悪いか、自分の好みの音に近いかどうかで選んでいくことができるでしょう。

【他社製品との比較】
以上を参考に、代表的なマイクとの比較をしてみましょう。
■SHURE(シュアー) SM58
マイクを探しているあなたなら1度は聞いたことがあるでしょう。こちらはSM58という業界の“基準”となるマイクです。
スタジオやライブハウスなどにも置いてあるマイクです。
もっともポピュラーだが、その分際立った個性が無く篭った音になるといった声も。

■RODE NT1-A
集音効率は良いが、良すぎて扱いづらい一面も。
レコーディング向き。

■SENNHEISER (ゼンハイザー) MK4
指向性が広めなので、その場の空気管や臨場感も伝わりやすい。

■Blue(ブルー) Baby Bottle
パワフルで、歌がもう一歩前に出る感じ。やはり音質も◎
【仕様】
■形式:ダイナミック
■指向特性パターン:カーディオイド(単一指向性)
■再生周波数帯域:50Hz 〜 15KHz
■出力インピーダンス:600Ω±30%(@ 1Khz)
■感度:-52dB±3dB(1V/Pa)
■質量:298g
■付属品:マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル
(3.0m)、ハードケース

全て新品。ケーブル・消耗品以外メーカー1年保証書付のでご安心してお買いもの頂けます。

お買い得なマイクプラス1本セット!
価格
69,500円 (税込75,060 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
納期目安:4〜5日にて発送
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く